テクノロジー01長期の休暇ともなると、マイカーで遠くにおでかけするという方も多いですよね。
皆で景色を共有しながら、お気に入りの音楽をかけるなどして楽しく出かけられるのがドライブの良いところです。
途中でサービスエリアに寄り、グルメやスイーツに舌鼓を打つのもよいですよね。

しかし、ドライブにおいて厄介なのが車酔いです。
酔いやすい体質の方と、全く酔わない人がいます。
乗り物酔いは、普段歩くスピードよりも早く景色が動くことに身体が順応できず、三半規管のバランスが崩れてしまうことで起こります。
体質的に全く酔わない方もいますが、小さいおこさんをはじめ、酔いやすい人は大勢います。
酷いと嘔吐してしまうなど、とてもレジャーどころではありません。
酔いやすい体質の方は、長時間のドライブの前にはしっかりと対策をしておくことをおすすめします。


効果的なのが酔い止め薬ですね。
服用すると1時間以内で効果が出てくるので、必ず出発前に余裕をもって飲むようにしましょう。
眠気を伴うものもありますが、できるだけ眠くならないものを選べば、それほど支障なく過ごせます。
酔いやすい人は、精神的にも「酔ってしまうのではないか」という不安を抱えがちですが、薬を飲む事でそういった心配もなくなりますね。