車酔いを起こしてしまう方は、車に乗る前に予防策をしておくことも大切です。具体的な予防策は、車に長時間乗ることがわかっている場合は、前日の夜は早目に寝るようにして、睡眠時間をきっちり取っておくことが重要です。睡眠不足から車酔いを起こしてしまう事が多くあります。それに合わせて体に疲労がたまっていて、疲れを感じている状態だといつも以上に車酔いになりやすいので、睡眠時間を長く取るようにして体の疲れをゆっくり癒すことが大切です。


当日は出発の1時間~2時間前には食事を済ませるようにし、食べ過ぎないようにして消化の良い物を取るようにしてください。大人の方の場合は、アルコールを少量飲んでおくことで車酔いを防止することもできます。身体をリラックスさせて血行を良くし、車酔いになってしまうかもしれないという不安感を払拭できる効果も持ち合わせています。ですが、少量に留めておくことが重要です。飲み過ぎてしまうとかえって乗り物酔いをしてしまいます。お酒のリラックス効果は体にとっても心にとっても良い影響をもたらしてもらえます。車に乗る時には座席の位置も重要なポイントになってきます。後ろの座席よりも前の座席に乗るのが良いです。