直接的原因とは 

| 未分類 |

テクノロジー02車酔いの原因は色々とあります。
主に嗅覚や視覚が原因としてありこれには、三半規管が大きくかかわっています。
また、この他に触覚も来る亜酔いの原因とされていることがあります。
とくに、車の中で携帯電話を扱っていたり、雑誌を読むことが車酔いを誘うとも言われており、三半規管とされる前半規管・後半規管・外半規管の3つの半規管である内部にリンパ液が流れることで、それに付随した有毛細胞が刺激されることで、前庭神経から脳に刺激が送られ、頭部の回転が感知できるしくみを持っています。


坂道や急カーブが続く山や峠の道では、揺れやアップダウンが続くとリンパ液が回転してしまうので、体の揺れが止まっても今度はリンパ液の揺れがすぐには止まらず、車酔いを起こす仕組みを持ちます。
嗅覚や触覚とは、また、異なるでしょう。
嗅覚では不快である臭いが続くことや、自動車内で飲食をする場合、ジャンクフードなどの食べ物の臭いや、同乗者の車内での飲酒をされる場合に、食用揚げ油やアルコールの臭いなどで気分が悪くなることがあり、車酔いを引き起こすものです。
触覚はあまりないですが、潔癖症などの人で他のドライバーが握ったハンドルなどの潔癖からくる原因が多く、これも長時間になると車酔いを起こす人が稀におられます。